30代で海外移住は可能?仕事はできる?【結論可能です】

30代で海外移住は可能?仕事はできる?【結論可能です】

海外移住、海外留学となると大学生、20代、若者と行ったイメージが強いですよね。

しかし、今回の記事は

吹き出しアイコン

新卒で働き始めたけど30過ぎてキャリアも一巡したかな

社会人として10年働いたけど、このまま日本に居たらヤバい!

30代からでも海外移住できるの??

という方に向けて作成しました!

 

記事の中では30代だからこそ使える海外移住の方法を紹介していきます。

20代では使用することが難しい海外移住の裏技をご紹介します!

 

結論から言うと30代でも海外移住はできます!!!

むしろ30代だからこその方法によって20代ではビザの取得難易度が高い人気国への移住が可能になるのです!

実際に移住方法を見てみましょう!

 

【30代におすすめ】海外移住する方法

【30代におすすめ】海外移住する方法

『30代で海外移住は可能?仕事はできる?』というタイトルですが、結論30代でも海外移住はできます!

以下では30代だからこそ使える移住方法をご紹介します!!

 

現地の大学を卒業して仕事に就く

1つ目は海外の大学や専門学校を卒業後に永住権や長期滞在権を取得するというものです。

この方法はある程度資金に余裕が有り、最低でも1〜2年程度学生として過ごすことを許容できる方におすすめです。

海外の大学、専門学校を卒業すれば

  • 新卒者用永住ビザ
  • 新卒者用一時滞在ビザ

などの取得が可能になります。

これらのビザは就労可能ビザや永住ビザの取得が困難な国への移住への抜け道的手段として利用できます。

例えば、オーストラリアなどでは大学や看護専門学校を経てこれらのビザを取得することができます!

参考:https://www.lastresort.co.jp/university/un_pe.html

 

現地の企業に就職する

2つ目の方法は現地の企業に就職する方法です。

この方法はビジネスレベル、ネイティブレベルの英語力を備えた人、国内で何かしらの職業資格を所有しているひとにおすすめです。

 

海外企業で働く場合には日本人としてのアドバンテージ、或いは日本で取得した資格を活かして働くことになります。

まず、日本人が海外企業に就職する場合、日本人としてのアドバンテージを活かして企業で活躍することが多いです。

例えば、企業のオフショア対応担当として日本人のクライアントを斡旋したり、案件進行のコミュニケーションを取るといったイメージです。

 

また、国内で取得した資格がそのまま海外で役に立つケースも有ります。

看護師、介護士の資格を所有している場合には国ごとの語学基準、必要学位を満たせば海外への転職が可能です。

 

駐在員として現地で働く

3つ目は日本国内の企業に所属しながら駐在員として海外で仕事をする方法です。

この方法はビジネスレベル前後の英語力を備えている人におすすめです。

この方法の特徴はやはり日本人のサポートをある程度受けながら海外生活ができるという点でしょう。

日系企業の海外駐在であれば社内に自分以外の日本人が複数人居ます。

また、社内カルチャーも日本的であることが多いでしょう。

そのため、語学力や海外経験があまりないという方であっても比較的安心して海外生活を送ることができます。

 

現地のパートナーを探す

最後の4つ目は現地でパートナーを探し、永住ビザを取得する方法です。

普通の方法では永住ビザ、就労ビザの取得が困難な国であっても現地でパートナーを見つけ結婚した場合にはビザ取得のハードルは格段に下がります。

多くの国で、結婚・事実婚ビザ(SPOUSE VISA)と呼ばれるものが導入ています。

結婚・事実婚ビザはその国の国籍保持者や永住権保持者との婚姻や事実婚関係(通常は12ヶ月以上)により申請することができる永住ビザです。

結婚・事実婚ビザを取得する上では移住目的の偽造結婚ではないことを証明することが唯一のハードルとなります。

逆に言えば、この条件をクリアできれば結婚・事実婚ビザを獲得できるということです。

また、結婚・事実婚ビザは国の規定によっては同性でも取得できることも特筆すべきでしょう。

 

海外移住の実例紹介

海外移住の実例紹介

ここからは実際に30代で海外移住された方の体験談を交えて実例を紹介します。

 

海外大学卒業を経て一家で永住権取得へ

この記事は、既婚者でお子さんがいる読者の方にオススメです。

本人だけでなくご家族の方がどのように海外生活を送ったかがかなりわかりやすく書かれています。

記事の中では30代のNさんが海外大に入学し、卒業後にカナダでの永住権を取得されています。

Nさんはご結婚されており、奥さんと息子さんと一緒にカナダでの生活をスタートされたようです。

奥さんと息子さんのカナダでの生活が書かれており同じような家族構成の方は参考になる点が多いと思います。

Nさんのケースだと、

奥さんは配偶者ビザを取得し、カナダでの就労権を獲得。

また、息子さんはカナダの公立学校に通われていたようです。

記事:https://canada-school.com/canada-pr-over30/

 

現地企業で働きながら夫婦で海外移住

この記事は海外の現地企業で働きながら海外生活をしたいという方におすすめです。

記事では30代のとある共働き夫婦が夫の転職をきっかけにマレーシアに移住なさっています。

この記事の特徴としてはお二人が海外に移住した後に現地で職場を探して生活なさっている点です。

多くの人が憧れる「海外に住んで、海外の企業で働く」を達成されているため参考にできるところも多いと思います。

また、移住先が日本人に人気のマレーシアということもあって参考にできる方も多いのではないでしょうか。

現地での生活、特に物価に関しては「現地企業で働きながら十分に生活できる水準であった」など実際に移住なさった人の声をもとに移住の肌感覚を出し噛めることができます。

記事:https://opeeremigration.com/charm/thirties-working-together/ 

 

30代で海外移住は可能?のまとめ

結論、30代での海外移住は…可能です!!!

30代から海外移住する方法としては主に

  • 現地の大学を卒業して仕事に就く
  • 現地の企業に就職する
  • 駐在員として現地で働く
  • 現地のパートナーを探す

などの方法が有ります。

ご自分にあった方法で海外移住にチャレンジしてみて下さい!