海外起業に英語は必要?効率的な勉強方法とは?

海外起業に英語は必要?効率的な勉強方法とは?

吹き出しアイコン

正直、全く英語できないんだけど、海外起業をする際に英語って必要なの?

英語圏での海外起業を検討している人のなかで、このように英語に不安がある方は多いと思います。

やはり英語圏でのビジネスのやりとりは英語で行うのが当たり前ですし、話せれば話せるほどメリットは大きいです。

とはいえ海外起業では英語はマストなのでしょうか?

また海外起業に活きる効率的な学習法とはなんでしょうか?

本記事では海外企業×英語力についての皆さんの抱える疑問点を分かりやすく解説致します。

この記事の内容

英語ができなくても海外で起業することは可能なのか

具体的にどのくらいの英語力があればいいのか

海外起業に必要な英語力をつける方法

 

英語ができなくても海外起業は可能!

英語ができなくても海外起業は可能!

結論から言うと、「海外起業は英語ができなくても可能」です。

とはいえ、英語ができないことは不利に働くこともあるということの理解も必要です。

英語ができないことによる不利なポイントとしては、

  • 現地の情報収取
  • 取引先との交渉
  • 従業員とのやり取りがスムーズにできない

ことが挙げられます。

英語を話せる日本人を雇うことによって上記の不利なポイントは解決できますが、それにともなってコストが発生してしまうのがデメリットです。

一方で英語を学習してから起業する場合やはりスピード感が損なわれてしまい、

当初考えていたビジネスアイデアが英語学習中に誰かに取られてしまうデメリットがあります。

したがって「コストを顧みず、スピード感を重視」するなら「英語人材を雇って即起業」。

「スモールスタートでコストを掛けたくない」なら「英語を学習してから起業」が適していると言えるでしょう。

とはいえ「海外起業ができるほどの英語力」とは、どれほどのレベルでしょうか?

海外起業に英語はどのくらい必要なのか

海外起業に英語はどのくらい必要なのか

海外起業に必要な英語力は、相手が誰かによって以下のように分類されます。

  1. 従業員とのコミュニケーションに必要な英語力:最低ラインは相手に伝わればOK
  2. 取引先とコミュニケーションに必要な英語力:交渉を進めたり信頼関係を勝ち取るため、ある程度英語を使いこなすレベルが要求される

 

事業を進めていく上で従業員とのコミュニケーションはマストであるため、自分に付きっきりの通訳を雇わない限り、相手に要点を伝えられるような英語力は必要といえるでしょう。

一方で取引先とのやり取りは、英語力に加えて現地のルールや相場感を知っている必要があるため、専門家を雇ってしまうのも一つの手かもしれません。

うまく交渉ができる英語力とは、円滑にコミュニケーションを取ることももちろん、ある程度の滞在による現地の文化や経済を理解する必要があるため非常に高いレベルを要求されます。

次に海外起業に必要な英語力に関して

  1. リーディング
  2. リスニング
  3. スピーキング
  4. ライティング

の4技能に分けて考えてみましょう。

英語のリーディングは中学レベルで十分!

海外起業に必要は最低ラインのリーディングスキルとしては、中学レベルで十分と言い切れます。

リーディングスキルが必要とされる場面としては、現地のリサーチが挙げられるでしょう。

英語の文章を英語のままインプットしようとする場合TOEIC800点以上が必要といえますが、現代においてGoogle翻訳やdeeplなどの翻訳ツールを使えば大まかな意味は理解できるでしょう。ところどころ翻訳がおかしいと思った箇所に関しては、単語の検索+中学レベルの文法力で十分翻訳可能です。

 

ただし情報収集には最低限の英語スキルでOKと紹介しましたが、契約書周りの文章は英語が不慣れの日本人を騙そうとして不利な交渉を持ちかけてくる場合があるので注意が必要です。

リスクを回避したいのであれば、契約関係は現地の詳しい専門家に依頼するのも必要経費といえるでしょう。

 

英語のライティングはテンプレートを覚えて要点が相手に伝わればOK

ライティングに関しては、メールやチャットツールなどを使いこなせればOKです。

英語でのメールやチャットツールに関しては、敬語などの日本語特有の複雑なルールはなく、要点を分かりやすく伝えられればOKです。

 

とはいえ英語をうまく扱えないと取引先になめられたり、足元を見られることがあることがあるため、ライティングスキルが高いことにこしたことはないでしょう。

 

英語のリスニングは大まかな内容が聞き取れるレベルまで必要

海外起業に必要なリスニングスキルは大まかな内容が聞き取れるレベルまで必要といえるでしょう。

自分でしっかり時間がとれるリーディングと異なり、その場でのコミュニケーションを目的とするリスニングはスピード感は大事と言えます。

Google翻訳などのその場での翻訳可能アプリなどもあり実際に使ってみると期待以上に機能することも事実ですが、大まかな意味を聞き取れる英語力で補助程度にアプリを使う程度が理想でしょう!

 

英語のスピーキングは文法より伝えることが重要!

海外起業に必要なスピーキングスキルは、文法より伝えることが重要といえるでしょう。

指示を相手に伝えられなければ、ビジネスは成功しません。

スピーキングでは文法を重視する必要はなく、ゆっくりでいいので相手に正しく伝わっているかということを集中していくことが大事です。

 

海外起業をする際に必要な英語力をつける方法

海外起業をする際に必要な英語力をつける方法

海外起業で英語力を身につける方法場合、

  • 現地に行って習得する場合
  • 日本で一旦学習する方法

の2パターンがあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

現地での生活の中で身につける

現地での生活の中で英語を身につけることは、あなたの英語レベルによっておすすめ度が変わってきます。

ある程度英語が話せたり聞き取れたりする人は、現地に行って英語レベルを上げることはおすすめです。

一方で英語がまるっきりわからないという人は、現地に行けば話せるようになると考えるのは甘いかもしれません。

 

論点としては、「英語で何がわからないか」ということが課題特定できるかということが重要となります。

ある程度英語ができる人は、あれ今の単語わからないな?というときに自分で調べてその都度スキルアップができます。

一方で英語がまるっきりわからない人は、目や耳に入ってくる単語すべてが何なのかということも理解できず、何を調べればいいかということもわからないため、一向にスキルアップができません。

全く英語ができない人は、有名な教材や英語教室に通うことで英語の自力をつけるところから始めましょう。

現地の語学学校に通う

現地の語学学校に通うことに関しても、現地に飛び込んで英語を身に着けようとするのと同様の理由である程度の英語ができるようになってからをおすすめします。

全く英語ができない人間が海外留学や語学学校に通ったところで、ある程度英語できるまでの壁が遠く、日本人同士でつるんでなにも得るものがなく帰国するというのはよくある話です。

語学学校に通うメリットとしては、語学学校内での人脈をつくることができ、その後のビジネスで活かすことができることが挙げられます。

また留学に関しては多くの支援団体があり、中にはインフルエンサーの留学費を負担してくれるインフルエンサー留学などもあります。もらえるものはもらったほうがいいので、自分が利用できる支援金があるかチェックしてみてください。

 

海外に行く前に日本で英語を身につける

全く英語ができない人、準備段階で現地への渡航費用がない人や、コロナで海外に行けない今、海外へ行く前に一旦日本で英語を身につけることをおすすめします。

コロナの影響で英会話のオンライン講座も増えており、家庭でできる自分に合った英語学習プランを見つけてみましょう。

また日本在住外国人のコミュニティなどに参加することは、日本にいながらもネイティブと会話しながら英語力を上昇できるためおすすめです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

海外起業に関して必要な英語力やその学習方法について理解が深まったと思います。

本記事で紹介している内容は、他の言語でも応用できることなので、ぜひ試してみてください。