個人で海外ビジネスを始める方法【誰でも可能】

個人で海外ビジネスを始める方法【誰でも可能】

吹き出しアイコン

海外で個人でもできるビジネスを始めたいんだけどどうしたらいいかな?

今回はこのような方に向けた記事になっています。

ここ最近では個人で活躍する方も増えてきました。

また、リモートワークができるようになって海外で活動をしたいという人も増えてきました。

そんな中、この記事では個人で海外でもできるビジネスを始めたい人向けにその具体的な方法を紹介します。

この記事の内容

・個人で海外ビジネスを始める方法

・それらのビジネスのメリット

・海外ビジネスを始めるときに気をつけるべきこと

 

個人で海外ビジネスを始める具体的な方法3選!

個人で海外ビジネスを始める具体的な方法3選!

今回の記事では海外ビジネスを始めるための具体的なアクションプランを紹介します。

今まで個人向けの海外ビジネスの本を読んでもいまいちピンときていなかった読者の方にも

明日から使える、すぐ始められる、具体的なビジネスを3つ紹介します!

  • ドロップシッピングから始める個人ビジネス
  • YouTuber/SNS運用は最高の個人ビジネス
  • ノマドワーカーとして海外でビジネスをする

それぞれの仕事について具体的にどのように運用すべきかを解説します!

 

ドロップシッピング

ドロップシッピングとは?

ドロップシッピングとはEC販売の一種になります。

ドロップシッピングでは以下のような商流で商品を購入者のもとへ届けます

画像出典:https://tsuku2.shop/module-ds.php

具体的な手順

  • 販売者(画像では青の服の女性)が商品をサイトに出品
  • 購入者(画像ではピンクの服の女性)が商品を購入
  • 販売者は受注が入った時点で工場に商品の発注を依頼
  • 業者が購入者に対して商品を発送

ドロップシッピングのメリット

勘のいい読者の方はすでにお気づきかもしれませんがドロップシッピングには販売者にとってものすごく有利な点が一つあります。

それは

販売者は在庫を抱える必要がない

という事です。

これは非常に大きなアドバンテージです。

ドロップシッピングを利用したビジネスを行えば

不良在庫を抱えるリスクなしに個人でビジネスを始めることができます!

ドロップシップングの具体的なやり方

ドロップシッピングを行うための具体的な手順は以下の5ステップです!

  1. DSP登録
  2. ネットショップ開設
  3. 商品を選ぶ
  4. 集客
  5. 商品発送

それぞれ詳しく見ていきましょう!

①DSP登録
まずDSP(Drop Shipping Provider)への登録を行います。
DSPへの登録により購入者に商品を発送してくれる事業者を選ぶことになります。
以下が人気のDSPです。
自分の好みに合ったDSPに登録してみてください

②ネットショップ開設

次はネットショップの開設です。
海外のお客さんが商品を選べるように英語でショップを解説する必要があります。
ネットショップの開設は以下のサービスを使って行うことができます

BASE:https://thebase.in/

カラーミーショップ:https://shop-pro.jp/

Shopify:https://www.shopify.jp/

③商品を選ぶ

次に扱う商品を選びます。

ステップ1で登録したDSPで取り扱われている商品から幾つか選び、ステップ2で開設したネットショップに掲載します。

④集客

続いては集客です。
個人でネットショップの集客を行う方法は主に以下の6つの方法になります。

  • SNSでの個人アカウント運用
  • 広告
  • SNS広告
  • 動画による配信
  • SEO強化
  • ブログの作成

これらの運用の具体的方法に関しては以下の記事が詳しいので是非参考にしてみてください
記事名:個人でのネットショップ集客方法

URL:https://officialmag.stores.jp/entry/200928/netshop-promotion

⑤商品発送

ネットショップで商品が売れたことを確認できたらDSPに商品を発注しましょう。あとは、DSPが購入者の住所へ商品を発送してくれます。

 

YouTuber/SNS運用は最高の個人ビジネス

YouTuber/SNS運用は最高の個人ビジネス

さて、続いて紹介するのはYouTuber/SNS運用を通した海外ビジネスです。

皆さんは以下の動画をご存知でしょうか?

動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=3yXOf57kVIs

これは奈良公園で鹿に餌をやった動画をYouTubeに投稿したものです。

注目すべきはその再生数ですがなんと7.5億回。。。

バグではありません笑

この動画の視聴者の大半が海外の方なのです

最近では海外の方が日本に観光に来る際にYouTubeを使って下見をすることが増えているんです。

提案するビジネス

ここで具体的なアクションプランとして提案するのは

『身近に有る観光地をYouTube/SNSを使って運用する』というビジネスです。

日本のインバウンド観光市場は

  • 市場規模は4.8兆円
  • 訪日観光客は2019年の時点で年間3000万人に上る

など非常に大きな市場です。

また、YouTubeの再生では広告を掲載した場合一回の再生に付き0.1〜0.4円ほどの広告収入が得られます。

先程の奈良公園の鹿の動画なら

7.5億回×0.1円=7500万円

の収入になったわけです。

身近に存在する観光地を取材してインバウンド市場の外国人向けコンテンツを提供してみてはいかがでしょうか

ノマドワーカー

ノマドワーカー

もし”海外で働く”というのが目的なのであれば「Webライター、動画編集者、ブロガー」などのいわゆるノマドワークができる仕事も可能です

ライター、編集者、ブロガーなどは原則として

  1. 受注
  2. 執筆
  3. 納期までに仕上げ

の3つのステップをこなすことが仕事になります。

そのため、案件さえ獲得できれば仕事はどこでもできてしまうのです。

「とにかく海外で働きたい!」という方にはこれらのノマドワーカーとしてのキャリアもおすすめです。

個人で海外ビジネスを始める際に気をつけておくべきこと

個人で海外ビジネスを始める際に気をつけておくべきこと

ここからは海外ビジネスを始める上で気をつけるべきことを簡単に示します。

主に以下の3つです。

  • 為替相場
  • 日本人(日本の商品)の需要があるかどうか
  • 法律・文化的背景などの規制

国によっては販売が禁止されている商品が存在することがあります。

文化的な背景でNGの場合や当局による規制が入っている場合があります。

そのため、ビジネスを行う国の内情を把握した上で商品の販売、コンテンツの配信を行うようにしてください。

為替相場

海外ビジネスを行う上で外せないのが為替相場です

世界の貨幣は円ののように安定した相場をもっている貨幣ばかりではありません。

商品が購入された場合でも為替相場が変更されれば、円に換算したときに赤字となってしまう場合もあります。

為替相場の動向や当該国の金融政策にはある程度気を配るようにしましょう

日本人(日本の商品)の需要があるかどうか

最後は需要調査です

ドロップシッピングがいくら在庫を抱える必要がないとはいえ売れない商品を掲載することはリソースの無駄です

市場調査を行った上で売れそうな商品を掲載しましょう

 

個人で海外ビジネスを始める方法のまとめ

今回の記事では個人で始められる海外ビジネスについて紹介しました

具体的な職種は以下の3つです

  1. ドロップシッピング
  2. YouTuber/SNS運用による広告ビジネス
  3. ブロガー、動画編集者などのノマドワーカー

そしてそれぞれのビジネスを行う上では

  1. 法律・文化的背景などの規制
  2. 為替相場
  3. 日本人(日本の商品)の需要があるかどうか

の三点に気を配るようにしてください