海外起業をする際に必須のスキル4選!

海外起業をする際に必須のスキル4選!

吹き出しアイコン

海外起業をしたいんだけどどんなスキルがあればいいかな?

この記事を読んでくださっている方はこのようにお悩みかと思います。

海外起業をする際にはあるといいスキル、実はなくてもいいスキルなど様々あります。

この記事を読んでくださっている方ももしかしたらなくてもいいスキルをこれから身につけようとしているかもしれません。

今回の記事ではこのようなお悩みにお答えしていきます!

この記事の内容

  • 海外起業する際に必要なスキル
  • 一般的には必要だと思われているけど、実は海外で起業するためにはあまり必要でないスキル

最短距離でいち早く海外で起業するチャンスを掴み取りましょう!

海外起業する際に必須のスキル

海外起業する際に必須のスキル

海外で起業する際に必要なスキルは主に以下の4つとなります

  • 世界基準の営業スキル
  • マネジメント
  • 異文化の環境への適応スキル
  • 行動力

それぞれが必要な理由とどのようにすれば習得できるかを説明します

世界基準の営業スキル

まず起業をするために必要なのは世界基準の営業スキルです。

世界基準の営業スキルとは、現地に住んでいる人に対してアプローチできるような営業技術のことをいいます。

ここで大切なのは、自分が現地語を喋れなくてもいいといことです。

営業スキルさえあれば現地で日本語の得意なビジネスマンや通訳を雇うことができます。

そのため世界基準の営業スキルを獲得するにはまず日本語での営業を得意にすることが1番の近道になります。

マネジメント

次に必要なのはマジマネジメントスキルです。

海外で起業しようと思えば現地の人々と一緒に働くことになります。

その時に現地の人々をうまくマネジメントする必要が出てきます。

国際社会の中で比較的真面目と言われる日本人と違い、海外で起業する際には全く日本人と気質の違う人々をマネジメントする必要があります。

一概には言えませんが、日本人に比べて仕事への責任感が低いメンバーと仕事をする必要もあるかもしれません。

こうした人たちへのマネジメントスキルは一朝一夕に身に付くものではありません。

マネジメントスキルを獲得するには主に2つの方法があります。

  • 実際に海外に行き、失敗しながら現地の人々をマネジメントする中で見つけていく
  • 海外で起業して成功している先達の企業で少し内で働かせてもらいマネジメントのやり方を習得する

いずれかの方法で海外でも通用するマネジメントスキルを習得しましょう。

異文化の環境への適応スキル

続いて大切なのは異文化への適応力です。

海外で起業する際には異文化の中で生きていくことになります。

そのため、現地の文化に適応し現地の人々と良い関係を築くことが必要となります。

実は語学力はあまり必要ないこともあります。

しかし、異文化への適応という意味では現地語が話せると良いかもしれません。

また、現地の人と取引をする際に現地の人々の言葉で話す方が親近感が覚えられると言うメリットがあります。

例えば、外国の方が来て日本語で自分に話しかけてくれたらなんだか嬉しいような気持ちがしますよね。

それと同じで現地の人々に現地の言葉で交渉できるようになればビジネスの可能性はぐっと高まるはずです。

そういったことも含めて異文化への適応はビジネスの成功のためにも必要となってきます

行動力

最後に最も大切なものは行動力です。

どんなに優れたアイディアがあっても行動せずにいれば決して成功にはたどり着けません。

そのため自分のアイデアを実行に移す行動力が最も必要になってくるのです。

この記事を読んでいる皆さんはおそらく起業に向けて情熱があり、行動しようとする決意を持っている方々ばかりだと思います。

行動力を持って自分のアイデアを実行することを大切にしてください!

実はいらない!? なくても海外起業できるスキル

実はいらない!? なくても海外起業できるスキル

このセクションでは実は海外企業にはあまり必要のないスキルについて紹介します。起業準備にかけられる時間は有限です。必要でないスキルは必要でないと割り切ってあっさり外注するほうが効率出来です

  • 語学スキル
  • 人脈
吹き出しアイコン

え!この2つって海外で起業するなら必須そうなんだけどなくてもいいの?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

語学スキル

1つ目の起業であまり必要でないスキルは語学スキルです。

一般の人々は海外で起業すると言われると、

吹き出しアイコン

よし!まず英語をやらなければ!

と思うかもしれません。

しかし、実は海外で起業するにあたり英語やその他の外国語といった技術はあまり必要ではありません。

なぜなら海外には日本語の得意な通訳やビジネスマンが比較的多く、彼らが比較的安い人件費で私たちの通訳を買って出てくれる可能性が高いからです。

そのため自分で時間とお金をかけて語学を習得するより、通訳を雇って現地の人とコミニケーションしたほうがコスパが圧倒的に良くなります。

また、海外起業するために現地で暮らす中で、ある程度日常会話といったものは身につけることができます。

そのため海外起業の際には語学力は後回しにして問題ありません。

それよりもまずは行動して経験を貯めていくことが優先です。

人脈

続いて海外起業であまり必要性ないものが人脈です。

「ビジネスは信頼関係、人間関係であり、人脈が必要だ」というふうに考えられる方が良いかもしれません。

しかし、日本国内人脈を作って海外で起業するというのは少し順番が違うものです。

それにすでに海外に人脈がある人というのはそう多くはないと思います。

まずは海外に渡航し、自分の企業アイディアで行動する。

実際に行動したあとに、人々を自分の人脈として取り込んでいけばよいのです。

人脈とは増幅器のようなものです。

自分の行動、成果があるときに人脈掛け合わせることで大きな成果が生まれます。

そのため、まずは自分が行動して自分の結果を0から1にすることが必要なのです。

何もない状態よりも何かある状態で人に会う方がその後、何かに発展する可能性は高いです。

「人脈よりまずは行動力」と心がけてまたは海外で起業するために動き出してください。

海外起業する際に必須のスキルのまとめ

この記事では海外で起業するために必要な能力について見てきました。海外で起業するためには

  • 世界基準の営業スキル
  • マネジメント
  • 異文化への適応能力
  • 行動力

が必要になります。

そして、これらを得るためには

  • 海外で成功している起業家の会社で働かせてもらうこと
  • 日々自分の営業スキルを高めるようにコミニケーションの方を習得すること
  • 営業スキルに関する書籍を読んでみる事

が有効になります。

加えて、実際に現地で起業してその中で行動の中で学べるものもたくさんあるはずです。

ここまでの記事の中で見てきたように海外起業を始める上で必要なスキルというのはあまり多くありません。

まずは、海外に視察に行って起業するための国を取材してみることから始めましょう。

実際にその国を調べていく中で自分は海外起業に向いていないと感じることもあるかもしれません。

しかし、ここで言いたいのは1にも2にも行動です。

まず動いて海外起業するためにまず自分で動いてみましょう。

皆さんの海外企業が成功しますように。