海外移住して起業する具体的な方法を紹介!【誰でも可能です】

海外移住して起業する具体的な方法を紹介!【誰でも可能です】

吹き出しアイコン

海外に移住したい!

海外で起業したい!

ある程度資金を貯めて、海外移住しそのまま海外で起業をして行きていくことに憧れませんか?

吹き出しアイコン

とはいえ海外移住や起業を検討しても、具体的に何から始めればいいかわからない…

今回の記事ではそんな疑問にお答えしていきます!

記事の内容

・海外移住をする方法

・海外の起業方法

・海外移住して起業するときの注意点

を解説します!

海外移住をする具体的な方法

海外移住をする具体的な方法

まずは海外移住をする方法について、以下の4ステップで紹介します。

  • ステップ1:まずは移住したい国に行ってみる!
  • ステップ2:外国人のビジネスパートナーを見つける
  • ステップ3:住まいを確保する
  • ステップ4:経営・投資ビザで移住する

それぞれ詳しく説明していきます。

ステップ1:まずは移住したい国に行ってみる!

一度もことがない国へいきなり移住するのはかなりリスクがあります。

今後長期的にビジネスをすることを考慮するのであれば、数日間〜数週間移住したい国に行って実際に住んでみることがおすすめです。

  • 現地でしか知り得ない文化
  • 言語
  • その国の宗教的背景
  • ビジネスのルール

など、住む前、そして起業する前に知っておくべきことはたくさんあります。

例えば観光地レベルでは英語が通じる国でも実際に住むとなったら現地語の習得がマストであるなど。

このような情報は、実際に住もうと思っている地域に行かなければわからないでしょう。

とはいえ現在は新型コロナウイルスの影響で海外へ行くことが厳しい状況であるので、現地に行く代わりに日本にいる外国人と実際にコミュニケーションを取りながら、移住後の生活のイメージをしておくといいでしょう。

ステップ2:外国人のビジネスパートナーを見つける

移住したい国へ偵察が完了した後は、現地でのビジネスを協力してくれるビジネスパートナーを見つけましょう。

外国人パートナーは

  • 現地特有のビジネスマナー
  • 流行りのマーケティング手法
  • 法律
  • 人脈
  • 銀行からの融資

などを理解し進める上で、強い味方になることでしょう。

外国人のパートナーを見つける手法としては、

  • 日本貿易振興機構(JETRO)や地方自治体現地事務所の紹介
  • 公的な海外展開支援を進める機関の紹介
  • 日本での人脈の活用
  • インターネットでの募集
  • 海外展開を支援するコンサルタントからの紹介
  • 現地での商工会や交流団体

などが代表的に挙げられます。

外国人パートナーを選ぶときのポイントとしては、日本人のビジネスパートナーを見つけるときと同じく、「相手を長期的に信頼できるか?」というポイントが最も重要といえます。

ステップ3:住まいを確保する

実際に移住する前に住まいを確保しておきましょう。

このときおすすめの手法は、現地の日本人から不動産屋を紹介してもらうことでしょう。

その理由としては、ネット経由で現地の不動産屋を探すと悪徳業社に捕まる可能性が高いからです。

悪徳業社は、現地の相場観がわからない日本人に対して、高額な家賃を提示してきます。

そうしたリスクを回避するために、現地の日本人コミュニティの中で安心して利用できる不動産業社を紹介してもらうことが、必要であるといえます。

ステップ4:経営・投資ビザで移住する

海外へ移住するときには、ビザが必要となります。

起業目的のビザは国ごとに条件があり、ビザの取得にあたって自分は条件を満たしているのか?ということをまずはチェックしましょう。

Title

ビザの中でも移住する国での起業をする際に取得ができるビザのこと

Title

ビザの中でも不動産・国家プロジェクトに投資するだけで取得ができるビザのこと

経営ビザ、投資ビザを獲得することで、税制の優遇などのメリットが存在する国もあるので、移住を考えている国が、経営ビザ・投資ビザを発行しているか確認してみてください。

海外移住をして起業する方法

海外移住をして起業する方法

次に海外移住をして起業をするときのポイントを紹介します。

ポイントは4つあります。

  • 現地でのリサーチをし事業計画を建てる
  • ビジネスパートナーに起業してもらう
  • 現地の銀行口座を作る
  • 事業を開始する

現地でリサーチをし、事業計画を建てる

実際に移住が完了したら、現地のリサーチからビジネスを開始しましょう。

リサーチするべきポイントは

  • 現地住民の国民性(文化・言語・宗教)
  • ビジネス環境(3C,PEST分析)
  • 経済・法律(税金、雇用、物価など)
  • 地理(人口・治安など)

となっています。

 

日本で利益が出ているビジネスモデルを海外でそのままトレースして起業した場合、必ずしも成功するとは限りません。

リサーチをしっかりして事業戦略を建てることで、成功するビジネスを導きましょう。

 

ビジネスパートナーに起業してもらう

事業計画が完成したら、法人登録をして起業しましょう。

現地の国籍を持ったパートナーに起業してもらったほうが手続き的にスムーズに進む点は多いでしょう。

制度上の理由などで、自分で法人登録をする場合は、現地の司法書士などの専門家に外注することをおすすめします。

 

現地の銀行口座を作る

ビジネスを進める上では現地で銀行口座を作る必要があります。

法人口座を開くことになると思いますが、こちらもパートナーに依頼したほうがよいでしょう。

事業を開始する

法人が終わり銀行口座を開設したら、事業を開始しましょう。

従業員を確保する場合は、

  • 従業員の勤務態度
  • 平均勤続年数
  • 給与

などを日本の感覚で採用してしまうと、ミスマッチが起きてしまうリスクが大きいため、注意しておきたいです。

ここも実際に移住する前にしっかりとリサーチをしておきましょう。

日本の当たり前が通用しないことが大半です。

海外移住をして起業するために注意すべきこと

海外移住をして起業するために注意すべきこと

海外移住をして起業をするために注意すべきことは3つあります。

  • そもそも外国人が起業できるかを調べる
  • 日本人が起業することによってデメリットはないか
  • 現地のルールの理解

これらはとても重要になってくるので実際に起業する前にしっかりと調べておきましょう。

そもそも外国人が起業できるかを調べる

国によっては、法律やビザの取得条件などで外国人が起業できない場合があります。

そもそも海外起業ができなければすべての計画が頓挫します。

外国人が起業可能かどうかに関しては最初に調べましょう。

 

日本人が起業することによってデメリットはないか

日本人の海外起業のメリットは、現地民の気が付かない日本人ならではの視点を持ってビジネスを展開できることです。

しかし、もちろんデメリットも存在します。

例えば国や地域によっては、歴史や文化的な背景から日本人によい印象を抱いていない人が多い場所もあります。

また外資企業から国内企業を守るために、外資企業に制限があったり、国内企業にのみ優遇をする法律やルールがある国もあります。

メリットとデメリットの両方をリサーチ段階で洗い出して、メリットのほうが大きいのであれば起業を進めていきましょう!

 

現地のルールの理解

リサーチ段階でも言及しましたが、現地でしかわからない暗黙のルールやマナーなどが知っておかないと、ビジネスに悪影響を与える可能性があります。

また物価や平均賃金などのお金周りの情報に関しても、国によってことなるので前もって調べておきましょう。

 

海外移住して起業 まとめ

本記事では海外移住して海外起業を検討している方のために

  • 海外移住をする方法
  • 海外の起業方法
  • 海外移住して起業するときの注意点

を解説してきました。

読者の皆様の海外でのビジネスの成功を願っております。