リスクを取る人を応援するチャンネル爆誕!?RISK TAKERとは?

リスクを取る人を応援するチャンネル爆誕!?RISK TAKERとは?

吹き出しアイコン
パトリック

みなさんこんにちは。今日はリスクをとる人を応援するチャンネル爆誕!Risk Taker とは、ということでお話をしていきます。
司会のパトリックです。

そして本日ゲストの…

吹き出しアイコン
榊原

RiskTaker Inc.の取締役をやっている榊原、通称バラキヨといいます。

よろしくお願いします。

吹き出しアイコン
パトリック

よろしくお願いします。

吹き出しアイコン
パトリック

今回は、この連載で今後どのようなことを発信していくのか、そもそもなんでこの連載を始めたのか、話していきたいと思います。

吹き出しアイコン
パトリック

実際に、バラキヨも自分の今やってるビジネスで借金抱えたり、私自身もこれからやる海外関連の事業で借金しようとしてたりします。

吹き出しアイコン
パトリック

そういった人たちに向けて、リスクをとってチャレンジしていくという過程を、発信していく連載です。
今後この連載では、リスクテイク・挑戦したい人を応援する記事を、どんどん載せていきたいと思います。

この連載で発信していくこと

この連載で発信していくこと

吹き出しアイコン
パトリック

バラキヨさん、この連載は、どんな人に向けたものですかね。

吹き出しアイコン
榊原

RiskTakerっていうチームは、リスクテイクする人を増やしたいという形で運営されているチームです。

吹き出しアイコン
榊原

事業に投資したり、頑張っている人をアクセラレーションしたり、そういう活動をしているチームなので、この記事を見てリスクテイク・挑戦したいなっていう人、増えてほしいなと思っています。

吹き出しアイコン
榊原

そういう人に見てもらいたいですね。

吹き出しアイコン
パトリック

どんな内容?

吹き出しアイコン
榊原

リスクテイクするのって、一歩踏み出すのが一番大変だと思ってます。

じゃあなんでその人はリスクテイクできたんだろう、リスクテイクしてきた人って子供の時どんな子供だったの、リスクを取った後にどんな失敗しましたか、など。
そういうの知りたい人とか発信したい人とかが、これからの記事に集まるといいですね。

吹き出しアイコン
パトリック

バラキヨは最近どんなリスクを取りましたか?

吹き出しアイコン
榊原

RiskTakerって全員事業も自分でやるっていうルールがあります。
僕も自分の事業のために数千万円借金して運営してます。内容は日本で売れるかなと思った商品を仕入れて売るみたいなことをやってます。

吹き出しアイコン
榊原

そこで、そんな大した額じゃないんですけど、ビビリだから300万円ぐらいの商品を仕入れるかどうかっていうのをすごい迷ってて。

吹き出しアイコン
榊原

そこで、普通に歩いてたら鳥のフンが財布に落ちてくるという事件が起きました。

「鳥のフン財布に落ちることなかなかねぇな」と思って、糞ってつまり運だから、「いやこれめっちゃ今ツイてんじゃねぇか」と思いました。

実はそれをキッカケに300万円の謎の商品を仕入れましたね。

吹き出しアイコン
パトリック

ねぇ、そのおかげで、めっちゃ売れてるもんね。

吹き出しアイコン
榊原

その商品、実はめっちゃ売れてます。

吹き出しアイコン
パトリック

めっちゃ売れてるんですよ。すごいことなってます。

吹き出しアイコン
榊原

然るべきタイミングでリスクをとれば結果もついてくるみたいなのは、実は僕らもやってるよね。

吹き出しアイコン
パトリック

やってる。

RiskTakerの誕生について

RiskTakerの誕生について

吹き出しアイコン
パトリック

てことで、どんどんリスクテイクをしていく人のインタビューを記録して、発信していく連載です。
そもそもRiskTakerっていう組織って、どのように誕生したんですか?

吹き出しアイコン
榊原

去年の初旬くらいに前身のチームが立ち上がりました。

吹き出しアイコン
榊原

もともと我々のチームのボスでもある冨山智広という男性がいて、僕とその冨山智広さんの出会いがリスクテイカーの立ち上がりでした。
どうやって出会ったのかというとすごい偶然です。

吹き出しアイコン
榊原

僕はそのとき別のスタートアップに勤めてたんですよ。

ちょうどそのときがコロナのパンデミックが始まるぐらいのタイミングだったんですけど、ぼくがそのときやってたスタートアップの事業が、コロナの影響を割とダイレクトに受けました。

そこで、当時の社長から「給料を下げてほしい」って交渉を受けたんですよ。

吹き出しアイコン
パトリック

うわーーつら。

吹き出しアイコン
榊原

そんなにたくさんもらってたわけじゃないんですけど、60%カットされるっていうことになって。

吹き出しアイコン
パトリック

それはきついな。

吹き出しアイコン
榊原

僕には子供も妻もおりますので、それだとちょっと困るからフリーランスの形で副業として他の事業も手伝わせてほしいと言いました。

吹き出しアイコン
榊原

「いいですよ」ってことで副業探し始めたってときに、副業を提供してくれる人として出会ったのが冨山智広さんだったんですよ。

吹き出しアイコン
パトリック

へぇ〜そうなんだ。

吹き出しアイコン
榊原

はい。それがリスクテイカーの立ち上がりです。

吹き出しアイコン
榊原

僕らは冨山智広さんをトミーさんと呼んでるんですが、トミーさんはもともと自分の事業でご成功されてて、エンジェル投資家として活動してたんです。

吹き出しアイコン
榊原

その中で、トミーさんは、エンジェル投資したとしてもちゃんと手伝ってあげなきゃ立ち上がらないっていうジレンマを持っていました。
そこで、そういうお手伝いができたり、彼の細かな仕事を手伝ったりってできる人っていうことで僕がアサインされました。
実際活動しながらそのトミーさんがエンジェル投資をしていた先にお手伝いを始めていったんですね。

吹き出しアイコン
榊原

それを通す中で、トミーさんと僕の中で、投資をしてアクセラレーションして彼らが成長していくのを支援する活動ってすごい意義深いことなんじゃないかっていう話になって。

どうせやるなら本気でやろうっていう話になって、そこからパトリック含め、チームメンバーをかき集めて今のRiskTakerというチームになりました。

吹き出しアイコン
榊原

で、RiskTakerっていうチームは今何やってるのかっていうと、企業体としては僕らスタートアップスタジオっていうふうに定義してます。

僕らのチームとかコミュニティが発端になってスタートアップが立ち上がったり、シリーズA、シリーズB、シリーズCと成長していくといいなっていうふうに思っていて。

吹き出しアイコン
榊原

あと、弊社からの出資っていう形で、エンジェル投資としての活動は、冨山さんの活動として継続してやらせていただいています。

その投資先に対して、本当に具体的なハンズオンをやらせていただいているのがリスクテイカーのチームですね。

吹き出しアイコン
パトリック

今もうどれぐらい出資してる?結構いるよね、この段階なら…

吹き出しアイコン
榊原

出資企業・関連企業、10社ぐらい?

総額どのくらい?

吹き出しアイコン
パトリック

そうね、確かにどんぐらいだろう。

車で例えるとどんな感じだろう。

吹き出しアイコン
榊原

フェラーリ…20台弱?

吹き出しアイコン
パトリック

そうね、20台弱かな。

吹き出しアイコン
パトリック

ということで、今後もどんどんリスクテイク・挑戦していきたい人のインタビューをしていきます。
是非チェックをよろしくお願いします。

吹き出しアイコン
榊原

現在も、僕らの活動を通して、いろんなリスクテイカー、挑戦者たちとコンタクトをとっています。
そういう人たちをこの連載に招いて、彼らが何やってるか発信できたらいいと思いますね。